×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Z750RS(Z2)

カワサキのZ2(ゼッツー)は1973年の750RSから1978年のZ750Fourまでの通称です。1972年に登場した903ccのカワサキZ1(Z900)を日本国内仕様向けに750ccクラスとして登場しました。Z2はZ1のボアダウンモデルと思われがちですが、結局的にボアとストロークの両方を変更することで750ccに最適化したエンジンを搭載しています。Z1よりもバランス良く仕上がっていると評する者も多く、Z2は日本国内発売当初より驚異的な売上を達成し、数々の伝説を生み出した名車となりました。
生産期間は5年間だけでしたが、Z2は誕生から30年以上が経過した現在でも多くのライダーを魅了し続けています。Z2はマイナーチェンジを繰り返しながらも「ティアドロップタンク、4本マフラー」のシルエットが引き継がれました。このシルエットを持つ型式・機種を一つの世代としてゼッツー(Z2)という通称で呼んでいます。1980年に四角いタンクのシルエットをもつZ750FX(Z750D3)として型式消滅するまで、エンジンとフレームは基本的に同一のまま8年間も存続したことは、基本設計がしっかりしていたオートバイだった言えるのです。

Z750RS

・Z2(1973)…初期型となる750RS。
・Z2A(1974)…ここまでが750RS時代。燃料タンクの容量変更、チェーン給油機構廃止が行なわれたZ2A。
・Z750-A4(1976)…ここからモデル名が変更となりZ750four時代となります。A4では前輪ダブルディスク化など足まわりが変更されました。また、エンジンにも手が加わり最高出力が69→70ps。
・Z750-A5(1977)…キャブレター変更
・Z750-D1(1978)…キャスター/トレール変更。後輪ディスクブレーキ化




人気の旧車バイク
Z750RS(Z2)
Z1000MK2
CB400F
CB750F
RZ250
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

旧車バイク情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

経済