×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



CB400F

CB400F(CB400FOUR)は1974年12月3日にCB350Fの後継機種としてホンダから発表されたオートバイです。低いヨーロピアンタイプのハンドルに、絞り込まれた四角を基調としたタンク、そして、CB400Fの一番の特徴である、美しい曲線ととものまとめられた集合マフラーは、まさにカフェレーサーをイメージさせるものでした。現在ではごく当たり前の集合マフラーも、当時はヨシムラやモリワキに代表されるレース部品に限られたもので、メーカーであるホンダからCB400Fのマフラーに4in1の集合マフラーが採用されたことは多くの人から注目を集めました。
国内向け専用追加モデルが398cc
また、CB400Fの発売当時は暴走族の社会的問題から、簡単に限定解除免許を取得できないという免許規制が厳しく、日本国内では中型車(250〜400cc)の需要が高なっており、一般に旧型のCB400Fの総排気量408ccでしたが、国内向け専用追加モデルに398ccのCB400Fも発売されました。そんな時代背景が後押しとなりCB400Fは発売と同時に大人気のオートバイになり“ヨンフォア”や“フォーワン(フォーインワン)”などの愛称で親しまれました。

CB400F

【CB400Fの主要諸元】

・フレーム:セミダブルクレードル
・エンジン:CB400FE型 408cc 空冷4ストロークOHC直列4気筒
・燃料供給装置:キャブレター (PW 20×4)
・最高出力:37ps/8,500rpm
・最大トルク:3.2kg.m/7,500rpm
・変速機:常時噛合式6段リターン
・駆動方式:チェーンドライブ
・サスペンション:前テレスコピック式・後スイングアーム式
・ブレーキ:前油圧式ディスク・後ロッド式リーディングトレーリング
・全長x全幅x全高:2050mm x 705mm x 1040mm
・ホイールベース:1355mm
・乾燥重量:185kg
・燃料タンク容量 14L




人気の旧車バイク
Z750RS(Z2)
Z1000MK2
CB400F
CB750F
RZ250
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

旧車バイク情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

経済